青空の下で
晴天第一!
プロフィール

水上

Author:水上
国鉄型の機関車、電車を中心に撮影しています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



撮影記 2016/08/04【特急ねぶたまつり号】
この日は毎年恒例の583系特急「ねぶたまつり」が運転されるとのことで青森県へ行ってきました。
この列車、正面から撮ろうとすると順光になるところが全くといっていいほどない厄介なスジ。
でも、正面が潰れるなら後追いすればいいじゃない!と考え、いつもと趣向を変えて
尾灯が目立たないサイドがちの風景構図を撮ることに。

到着したのは臨時あけぼの以来の浪岡ストレート。
通過時間が近づくとボス雲が太陽を覆ういつも通りのパターンでしたが、10分前くらいになって
チラチラ晴れ間が見えるようになり、通過時にはしっかり晴れ!
稲が美しい田んぼの上を583系が往く、思っていた通りの夏の東北らしい画が撮れました。





ちなみに、こんなロケーションにもかかわらず撮影者は自分一人。
有名撮影地で583系独り占めという贅沢な撮影も、今後は難しくなりそうです。
撮影記 2016/07/11【カシオペア紀行】
先月から運転スタートしたカシオペア紀行。クルーズよりも遥かにスジがいい列車で
前々から撮影地を色々考えていたのですが、休みが合わなかったり天気が悪かったり…
今回やっと時間が取れたので行ってきました。
深夜に自宅から延々と下道をひた走り、GWの「あいづ」を撮影した撮影地へ。



曇りベースの空でしたが奇跡的に晴れました!真っ赤な機関車を晴れで撮るのは久しぶりです。
前回のノロッコ同様、撮ったら急いで撤収。東北道を使って追っかけます。
いくら客レとは言えほとんどバカ停のない列車。次の撮影地矢板に着いてからそれほど
時間を置かずにやって来ました。



間に合った!けど、電化区間のトップライトはやはりよろしくないですね笑
この先はどこも光線悪いので追っかけは終了。再び下道利用でダラダラ帰りました。

8月以降のカシオペア紀行は北海道に乗り入れず、盛岡止まりで新幹線に乗り換えさせる
ようですね…北海道に向かうツアーでありながら直接乗り入れず、中途半端なところで
乗り換えさせるカシオペアなんて魅力激減だと思うのですが集客力はあるんでしょうか?
盛岡行きや信州ルートがどんなツアーになるのか、気になります。
撮影記 2016/06/04【カシオペアクルーズ】
この日はカシオペアクルーズを撮りに行きました。
元々64との重連区間から撮るつもりが、寝坊したので一気に追い越して新潟へ笑
曇り予報のはずがしっかり晴れちゃって長岡~新津はどこも逆光、結局岩船町まで
逃げるはめに。



ここも晴れたら面潰れなのですが、何とか薄晴れで留まりました。
やはり95にカシのHMはとても似合ってます!
追っかけまして村上~間島の撮影地へ。真っ白な海を入れてもしょうがないので、
オーバークロスの下から編成撮り。



即席で見つけたわりにはなかなか良いではないですか笑
もうちょっと前に立って坂を下る感じで撮りたかったですが何せ撮影者が多くて
できませんでした。

走行の撮影自体はこれで終了ですが、間島で1時間近く止まるのでスナップをやることに。









普通列車との交換後、警笛を鳴らして発車していきました。
定期運転が終わって、やっと頻繁にEF81との組み合わせが見られるようになったカシオペア。
これからどんなシーンが展開されるのでしょうか。楽しみです。
撮影記 2016/05/22【わくわくドリーム】
この日は久しぶりのわくドリ狙いで羽越本線へ行ってきました。
撮影地は今までわくドリの作例を見たことがなかった余目S字をチョイス。
ここは2年前の臨時あけぼのを撮影して以来です。

わくドリの前に練習電がない羽越本線。一発勝負だけに構図は念入り。
すっかり日も上がった頃、お馴染みの車両が登場!



大きく首を振る583が撮れました!( ´∀`)
実は全検明け後初の583撮影。やはり床下黒はめちゃくちゃカッコいい。

喜ぶのも程々に追走開始。海沿いは水平線かぼやけてるのを確認したため
スルーしてさらに遠くへ。到着したのは思い出深い桂根の解体場ポイント。
しかし、2年前にはなかったポールが線路際の非常に邪魔な位置に…



ボディーにかかってしまいました(;´д`)余計なことしやがるなあ…
この撮影地はもう縦撮りじゃなきゃ厳しそう。

これにて撮影は終了。久しぶりに583系を見られて楽しい遠征でした。
撮影記 2016/05/05・08【快速春の会津ふるさと】
お久しぶりです。新生活を迎え、多忙な日々でしたが何とか生きてます。

さて、今年度最初の遠征はGWでした。
お目当ては引退が発表された485系A1A2編成の「春の会津ふるさと」号。
とにかく晴れなかった今年のGW、わずか2日のみ晴れ予報が出ていた日を選んで
出撃を決定。どちらも、送り込みからスタート。

5日
マルヨから目が覚めてから何気なくTwitterを覗いていると、びっくりな一報が。
なんと送り込みが「はつかり」幕で仙台待機中だというではありませんか。
しかし、直前の格下げ予報が当たり空はドン曇り、雨も降りだすという状況では
やる気は生まれず、他の撮影者が来てから渋々セッティングを始めました笑



通過36分前。これは厳しい…と思っていると、曇りベースながら時折日が射してきて…



通過8分前。なんと晴れた。
このあとも曇りと晴れをひたすら繰り返し、通過時刻、太陽方向に雲はなし!



バリ晴れで特急「はつかり」が通過しました!(*´∀`)♪
東北特急で一番好きなこの列車、485で見られる機会はもうないかと思ってましたが
最高の条件で仕留めることができて感無量。ちなみに、通過1分後には太陽は隠れてしまいました。

撮ったら即撤収。気分上々で追っかけを開始します。が、会津は中通り以上に天気が悪く、
思った通りの画は得られず。



初めての撮影地。誰も危ない位置にいないのに見事なパッカーン笑
切り位置をよくわかってる運転士さんですね。

結局午後もそのまま曇り、磐越西線での勝負は8日に持ち越されました。

8日
この日は友人と行動。
送り込みは「はつかり」と同じポイントへ。



「あいづ」幕バージョンもしっかり撮れました!
欲を言えば、今度は「つばさ」幕あたりで誤表示してくれないかな~なんて思ってましたが、
そう甘くはないようです笑

追っかけて会津に入ると、こちらもすっきりした青空が広がってました。
往路は5日にパッカーンやられたポイントへ。



トップライトではありますが、面白い画になりました。
今回は切り位置を過ぎてからパッカーンしていました笑

昼ごはんの前に滝の原へ置きゲバに行くと、今までここで見たこと無い人出でびっくり。
罵声は飛ぶわ発狂するわ線路際から滑落するわ…なかなかのカオスっぷり。
被りつきは危険すぎたので大人しく下から定番構図。磐梯山に影を落とす雲は
通過直前に全て消え去って本番!



快晴の磐梯山をバックに悠々と485が通過!
8日間のうちでこの日が一番よく晴れたようで、連休の締め括りにふさわしい一枚になりました(^^)

6月18、19日に予定されているA1A2編成のさよなら運転は見事に仕事が被ってしまい、
私にとって同編成を撮影するのは今回が最後となりそうです。
新潟の「北越」「いなほ」、磐西の「あいづ」、もっと遡れば「雷鳥」「能登」等、
常に自分の撮影対象の中心にいた原型485系も、もう走る姿を見られないと思うと寂しい限り。
たくさんの思い出をもらった485系、今まで本当にお疲れさまでした。